映画 アニメ映画

映画ルックバックの特典のもらい方と、いつまで入手できるのか

映画ルックバックの特典のもらい方と、いつまで入手できるのか

2024年6月28日公開になった、藤本タツキさん原作の映画ルックバック。

その特典の内容が、無事手に入れることができた視聴者からは大満足の声です。

ルックバックサムネ
人気漫画家が称賛するほど面白い映画ルックバック。視聴者からも絶賛の声が止まらない

続きを見る

そんな満足度120%の特典はどうやったら手に入れられるのかと、その内容をここで解説していきます。

ルックバック特典の入手方法とは?

特典の配布期間は?

映画ルックバックの特典の配布期間は、映画公開日の2024年6月28日から、先着順でなくなり次第配布終了です。

どのくらいの在庫を用意しているのかは公式で発表されていませんが、行った映画館で抱える在庫がなくなり次第、そこで入手することはできません。

どうしても手に入れたい場合は、他の映画館をハシゴして周るくらいしか入手方法がないでしょう。

ルックバックの映画以外にも、通常は映画に特典が付属している時は映画の公開開始から2,3日〜1週間ほどで無くなることが多いです。

ルックバックの場合は公開日が金曜日なので、一番お客さんが入るその次の日の土日を逃したら、次の土日休みに特典目的で映画館に行っても在庫切れになっている可能性があります。

特典の内容

藤本タツキのルックバック原作ネーム全ページになります。

出典:映画ルックバック公式サイト

数量限定で映画特典でしか入手できない非売品なので、かなりのレアものですね。

この特典は単行本の内容がまるまる収録されているわけなので、

原作漫画を持っていない人でも映画を観に行って特典がもらえれば、『映画を観た後に原作漫画も読んでみたい!』
ということになっても原作漫画を買わなくてもいいわけです。

原作をすでに読んだことがある人でも映画での感動の後に原作漫画(しかもネーム)で余韻に浸れるので、これをもらえるとたまらなく嬉しいですね。

特典を手に入れられなかった方でも、原作漫画を1度読んでみるのもいいですね。
値段は500円もしないのでオススメです。

ネームとは?

漫画でいう"ネーム"とは、漫画の構成や各コマを清書する前の状態。
つまり、下書き・ラフ画ということです。

清書する際にネームで描かれたワンシーンがバッサリとカットされることも普通なので、今回の特典で『原作全ページのネーム』が収録されているということは、原作単行本で公開されているシーンには無い部分もある、ということです。

限定特典をもらったファンからは歓喜の声

特典の中身は公開禁止

ルックバックの特典は非売品です。

公式からも、特典の転売・内容の複写・複製・転用・SNSなどでの配信は一切禁止とされています。

なので、特典が手に入れられなかった人は後からお金を出して買うこともできませんし、後からネット経由など見ることもできません。

もしネット上に内容が転がっていたり販売されていたら、それは違反行為です。

買う側も見る側も何かしらの罰則を受ける可能性があるので、ネット上に出回っていても決して内容のダウンロードや売買をしないようにしましょう。

前売券での特典もある

これは補足ですが、前売券を購入した人だけが入手可能な特典もありました。

すでに映画は公開されているので、こちらの特典はもう入手不可です。

一応、『こういうものもあったんだ』程度で御覧ください。

ムビチケカードと漫画しおり

出典:映画ルックバック公式サイト

漫画や本などのしおりに使える、選べるしおり3種と、カード型のムビチケ。

映画館に直接行って前売券を購入した人にだけ入手可能な特典です。

オリジナルスマホ壁紙付きムビチケオンライン券

出典:映画ルックバック公式サイト

オンラインでデジタル前売券を購入した人が入手できる、スマホの壁紙用の画像です。

まとめ

映画ルックバックの特典についてのまとめです。

  • 入場者特典は、原作ネーム全ページ。
  • 特典はなくなり次第終了。
  • 特典を入手できた人からは大好評。
  • 特典の内容は公開禁止なので、手に入れた人にしか見ることができないレアもの。
  • 前売券の購入者特典もあったが、もう入手不可。

となります。

無事手に入れられた方はラッキーです。
公開初週の土日を越えたらもう入手は難しいかもしれません。

特典が在庫切れになって入手できなくなっても、映画も公開開始から満席になるほど人気なので、ぜひ1度観てみてください。

映画の公開前でも、公開後でも視聴者からは大満足の声でいっぱいですので!

ルックバックサムネ
人気漫画家が称賛するほど面白い映画ルックバック。視聴者からも絶賛の声が止まらない

続きを見る

-映画, アニメ映画