映画

原作者もゴミとSNSに投稿した映画『変な家』面白くないと不評の声が相次ぐ。

原作者もゴミとSNSに投稿した映画『変な家』面白くないと不評の声が相次ぐ。

出典:映画『変な家』予告YouTube

WEBやYouTube、本も出ていて、どれも人気が高い『変な家』ですが、
それが映画となったらかなり不評です。


原作者の雨穴さんも『ゴミ』と称した映画で、原作はかなり好評なのに一体なぜそこまで映画が不評を食らうのか。

原作と映画で内容がテイストが全く違う

原作は『ミステリー』、映画は『ホラー』

雨穴さん原作の『変な家』は、ミステリーな話がメインで構成されています。

オバケみたいな"怖いもの"というより、"不気味さ"が際立ったストーリー構成になっています。

しかし、映画はというとゴリッゴリのホラー。

急な大音量で視聴者を驚かすような演出が多く使われています。

ホラーのようなビックリ要素が苦手な人からすると、観るのも嫌だそうで。

『ホラーは嫌だけどミステリーは好き』というような『変な家』の静かに怖い・不気味なミステリーな雰囲気を好む人からすると、

これは違うでしょ。

というような受け止め方になりました。

ミステリーとホラーは似ているようで全然違うので、ホラーに全振りしている映画ではまるで別物のシナリオとなってしまいました。

予告編のYouTubeコメントには

  • 前半は「変な家」っぽい感じ。後半からはゾンビ映画が始まります。
  • 後半から急展開過ぎて笑った。
  • B級映画だと思った方がいい。
  • なんか急にホラーアクションみたいになって残念だった。

というコメントがありました。

B級ゾンビアクション・・・。
原作の『変な家』を知っている人からは見てられないかもしれませんね・・・。

原作者が『ゴミ』とSNS投稿

『変な家』の映画が公開されて間もなく、原作者の雨穴さんがXで『ゴミ』と一言だけ投稿しました。
(現在はこの投稿は削除されています。)

ただ一言だけ『ゴミ』と投稿されていたので、映画に対してゴミと言ったのか真相は不明ですが、

映画が公開されて間もなくしてこの投稿がされていたというタイミングもあるので映画自体に『ゴミ』と評価した可能性が高いです。

雨穴さんはミステリー作家として脚本も自分で作っているので、映画でゴリゴリのホラーに書き換えられたのでガッカリしたのかもしれませんね。

今回のような『変な家』だけではなく、原作の漫画が映画化したらシナリオや雰囲気が書き換えられて原作者からはガッカリされてしまうことはよくある話です。

実際に、映画化のオファーが来ても原作をぶち壊されたくないという原作者の思いから、映画化を断るケースもあります。

原作はかなり好評

映画のレビューはひどいものですが、原作の『変な家』はかなり好評です。

映画→原作に入った人からも好評

映画でひどい思いをした後に原作を見てみた人からは、『面白かった!』という声が多く上がっています。

逆に原作から映画に入った人からは、かなり酷評されていますね。

原作とかけ離れた改変は映画を観に来た人たちからは全く受け入れられていません。

やはり『変な家』は、原作者の雨穴さんのシナリオ構成があってこそ面白い作品ですね。

『変な家』の興行収入

ここまで映画の『変な家』が酷評されていますが、その興行収入は

50億円を突破

という大成功を収めています。

映画の興行収入は10億円を超えれば成功、
30億円を超えると大ヒットと言われているので、

ここまでの興行収入を叩き出したのは
かなりすごいです。

興行収入はすごいのに、なぜ評価が低いのか

ここまで人気の『変な家』なのに、実際に映画を観に来た人からすると『ひどい』という声が多いです。

そもそも原作がかなりの人気なので、映画が公開されるとなると期待していた人が多かったという理由でしょう。

しかし、フタを開けてみれば酷評レビューが多数。

原作者の雨穴さんの実力でここまで人気作品となった『変な家』ですが、映画でここまで興行収入が伸びたというのは単に原作が人気だっただけということが大きいように思えます。

正直言うと、お客さんが映画館に来てさえもらえれば興行収入は上がるので、

この興行収入は映画としての評価ではなく、原作『変な家』の評価がそのまま数字になった

というのが正しいでしょう。

まとめ

今回の話のまとめです。

  • 映画『変な家』は酷評されまくっている。
  • 映画は原作のミステリーからゴリゴリのホラーに改変されている。
  • 原作者・雨穴さんは『ゴミ』とXで投稿。
  • 興行収入は50億超えで大ヒットした。
  • 原作の方はめちゃくちゃ人気。

原作『変な家』は超人気作品。
映画は改変・改悪されて別物になっていて面白くない。

なのに、興行収入はものすごい。
という、なんとも複雑な結果になってしまいました。

『映画は観ない方がいい』と言う声も多く上がっているので、人気である原作だけを見た方が良さそうですね。

-映画